新しく体験した風俗の思い出

スケベ風俗嬢となら何でもできる

仕事帰りに後輩連れてピンサロへ。そういう付き合いは仕事仲間でやりたくなかったけど、いつの間にかそうなっていました。後輩はかなりの風俗好き。俺はかなりの女好き。惹かれない方がおかしいというものか。ピンサロで待機中、雑誌を広げてどの子がタイプか?なんてやっていたらあっという間に時間は過ぎて入室。会社側のピンサロはブースが広いので気に入っています。前に行ってたピンサロは小さいソファーに座りながらフェラってパターンしかなかったけど、こちらではブースが広いので色んなプレイができます。密着しての全身フェラや、密着から抱き寄せてのキス等々....サービスも濃厚です。先日の風俗では相手のピンサロ嬢がスケベな人妻系だったんで、マジで色んなことが出来ちゃいました。キスをしたあと、風俗嬢のアソコを触ってみるとヌルヌル....ダメ元で触っていい?って聞くとウンと頷かれましたのでクンニして潮まで吹かせちゃったんです。後輩に自慢しちゃいました。

Bカップ風俗嬢の得意技

風俗のプロフィールを読んでみると「パイズリが得意です」と書いてあったので期待して指名しました。でも、油断していたのかバストサイズは確認していませんでした。なんとBカップの超貧乳だったんです。え!?これでどうやってパイズリするの!?と思ったけど、いわゆるソープランドとかである泡踊り風なパイズリでした。まあ、こういうのも好きですけどね。まずは挨拶と雑談。「パイズリが得意技なんだ?」「あー、あれはスタッフの方がノリで書いちゃったというか、なんというか・・・」なるほど。時間も短いので早めに雑談を終わらせてシャワーを浴び、そのままベッドへ。ローションを取り出して「それじゃ、パイズリしま?す」と、貧乳風俗嬢が笑顔で言ってくる。なんだか笑えました。まずはペニスにローションを。そのあと、おっぱいにローションを垂らして密着してきます。まな板レベルのおっぱいでペニスが扱かれます。う?ん、思ったよりもずっと気持ちいいぞ!?夢中になっちゃいました。侮れん風俗嬢だ。